中韓ネタニュース@2ch

中国、韓国のネタやニュースを紹介します
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本の歴史に大きな影響を与えた国はやっぱりあの国だよな?

1:なつあかねφ ★:2011/10/11(火) 19:57:23.86 ID:???
中国大手検索サイト百度の掲示板に「日本の歴史に大きな影響与えた国ってどこ?」という
スレッドが立てられた。中国人はどの国が日本に大きな影響を与えたと考えているのだろうか。
以下に中国語のBBSを日本語に翻訳して紹介する。

● 蓋世no
  中国。

● 諾言の文
  歴史からいえば米国じゃないか?

● rocky517775
  長期的な観点で言えば中国で、近代で言えば米国と台湾だな。

● YuriangleKIA
  疑問の余地なく米国。

● 夢中剣仙
  ドイツとイギリスは、近代日本と非常に緊密な関係にあった。米国なんて比べ物にならない
ほどだ。米国は第二次大戦後だよ。

● 羅莉御姐全推倒
  歴史で言えば、中国→米国→ドイツ→米国という歴史順だな。

● 哈迪斯csj
  米国と韓国でしょう。

● 独恋鶴郷
  主に韓国だ。

● 糸糸清野
  真の意味で日本に影響を与えたのは中国だ。中国と日本との間には2000年の歴史がある。
今の日本があるのは、1つは日本人の勤勉さと、もう1つは中国のエネルギーのおかげだ。中国
に侵略して多くの富を奪ったことと、中国が賠償金を放棄したおかげで、大和民族の教育が栄
えたのだ。

● 709913359
  米国と中国とドイツと韓国。あと、フランスは日本の原子力発電の面で少なからぬ貢献をした。

● 銀落星
  絶対に中国ではない!中国は日本に何の援助もしてこなかった。中国はただ略奪されただけ。

(編集担当:畠山栄)


サーチナ 2011/10/11
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1011&f=national_1011_117.shtml

前スレ
【サーチナ】中国BBS:日本の歴史に大きな影響を与えた国ってどこ?…主に韓国だ。[10/11]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1318310183/
★1の立った日時:2011/10/11(火) 14:16:23.13

スポンサーサイト
[ 2011/10/11 22:31 ] 中国 | TB(0) | CM(1)

外国人はなぜ中国が日本から文化を盗んだと思うのか

1:ニライカナイφ ★:2011/10/10(月) 18:49:53.15 ID:???
◆【中国ブログ】外国人はなぜ中国が文化を日本から盗んだと思うか

中国人ブロガー「高遠」さんの友人は最近フランス人である夫と喧嘩をしたそうだ。
その理由はアジア文化が好きな夫がほかの人に「箸や将棋は日本人が発明したもので、
あとになって中国人が日本から盗んだ」と説明するのを聞いたからだ。

筆者やその友人は「これらの習慣は中国が発祥の地」と主張し、
「外国人はなぜ中国が箸や将棋の習慣を日本から盗んだと思うのか」というテーマで
自身のブログに綴っている。

筆者によると「そのフランス人の夫は幼い時、箸や将棋など多くの東方文化は
日本が源となっていると本で読んだ」そうだ。
それゆえ彼はその本の情報が正しいのか、それとも妻の情報が正しいのかが
分からなくなっているらしい。

筆者は「決して彼ら夫婦をとがめることはできない」と述べる。
なぜなら「1940年代に日本が中国へ侵略戦争を起こし中国社会は崩壊の危機に面した。
1950―60年代に日本経済が急速に発展したのに対して中国は当時大々的な政治活動で
国内がわき返っていた」と説明。
「その時期に日本は政府や民間などの経路を通して欧州の人々に中国の様々な習慣を
日本由来のものとして紹介した」と述べ「今回の事件もそこに原因がある」と指摘する。

筆者は「こうした現象は中国の経済発展とともに中国文化が大々的に宣伝されるように
なって改善されてきたが間違った先入観は今でも欧州の人々の思想に深く根付いている」
と述べた。

筆者は「もともと中国の祝祭日である『端午の節句』はすでに韓国の世界無形文化遺産に
選定されてしまった。
さらに韓国は『中国医学』も自国のものとして世界遺産へ申請しようとしている。
日本も『麻将』を自国の世界遺産として申請を考慮中というニュースを聞いたこともある。
こうした行為は西洋人の思想に特別な観念を根付かせるのに効果をあげている」と述べた。

そして「中国人も努力を重ねて、これらがわれわれの文化であることを宣伝しよう。
そうしなければ、いつの日か箸や将棋は公然と日本生粋の習慣となってしまうだろう。
友人夫婦の例から分かるようにこれは決して大げさな話ではない」と綴っている。

サーチナ 2011/10/10(月) 17:35
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1010&f=national_1010_155.shtml

[ 2011/10/11 02:00 ] 中国 | TB(0) | CM(1)

【在日】“日本人らしさ”を得ようとする在日チャイニーズたちのリアル

1 :ニライカナイφ ★ 2011/10/05(水) 13:07:17.59 ID:???


◆中国人に対するイメージが戦後最悪のなか
 “日本人らしさ”を得ようとする在日チャイニーズたちのリアル

現在、日本にいる中国人・台湾人は69万人近く。
この20年間で5倍になり、在日コリアンを12万人以上引き離している。
が、日本人の中国に対するイメージは戦後最悪だ。
昨年末の内閣府の調査結果では、「中国に親しみを感じない」という回答は
77.8%に上った。
これは、在日チャイニーズが増えて、日本人が彼らと身近に接してきた結果なのだろうか。
ノンフィクション作家の野村進氏は、日本人の中国人イメージは10年前から
変わっていないと説く。
それでは、日本で暮らす中国人・台湾人のリアルとはどのようなものか。
ノンフィクション作家・野村進氏が、200人以上の中国人と接して彼らの姿を
描き出したのが本書『島国チャイニーズ』だ。

――本書には、日本に愛着を持って将来もいたいと思う中国人留学生が登場してきますが、日本人のイメージで根強くあるのが、「反日教育」で日本を憎んでいて不法就労している、というものですね。

入管と日本の学校が受け入れの審査を厳しくした結果、不法就労の学生は減っています。
歴史の問題は根深いですが、だからといって中国人は反日とは言い切れません。
留学生と接していると、中国の若者が驚くほど日本のサブカルチャー好きなのが
わかります。
確かに、「太平洋戦争はアジア解放の戦争」という意見に彼らは強硬に反対しますが、
目の前の日本人と侵略者のイメージを重ねていません。それはそれ、という認識です。
もともと日本にポジティブな印象を持っているから日本に進学するという、
当然のことを忘れるべきではないでしょう。

――「日本人らしく」なっていく在日チャイニーズも多いとか。

学生と一緒に上海に寄ったら、中国人留学生が、列に並ばない中国人を見て
「こういうところが中国人のよくないところだ」と言ったことがありました。

また、小中一貫の中華学校「神戸中華同文学校」では、「むかしの日本の村の学校」を
理想に学校運営がなされています。
規律を重んじて、掃除の大切さを教え、家の手伝いもさせる教育は、
児童の1割を日本人が占めるくらい、日本の親からも人気を得ていますよ。
日本に溶け込もうという在日チャイニーズは多いです。
しかし、中国人の多くがそのような思いでいることに日本人が気づかず、
いまだ犯罪者予備軍のようなステレオタイプな中国人イメージを持っている人がいます。
そんな人がそばにいて嫌がらせを受け「反日」となって帰国するケースが後を絶ちません。
2005年の中国の反日デモの主催者のひとりは、日本留学経験者でした。

――労働人口減少対策として、移民受け入れが議論されています。
   在日チャイニーズの思いをくみ取れるかどうかは、将来の移民政策が
   うまくいくかどうかを占うことにもつながりますね。

まだまだ問題はありますが、日本は比較的移民政策に成功している国であると思います。
差別がいちばん大きな形で現れるのが結婚だと思いますが、在日コリアンの9割は
日本人と結婚しているからです。
歴史的に見ても、日本は海外の文化を取り入れることで発展してきました。
無知から生じる差別は日本のためになりません。
まずは、在日チャイニーズのリアルな姿を知ってほしいと思います。

●野村進
1956年生まれ、ノンフィクション作家、拓殖大学国際学部教授。
著書に『コリアン世界の旅』など。

写真:http://news.livedoor.com/article/image_detail/5913426/?img_id=2216601

週プレNEWS 2011年10月05日12時07分
http://news.livedoor.com/article/detail/5913426/

[ 2011/10/05 18:59 ] 中国 | TB(0) | CM(1)

中国人がイギリスのレストランで嫌われる5つの理由

1 :ニライカナイφ ★ 2011/10/04(火) 13:18:31.85 ID:???


中国人はマナーが悪いとよく言われるが、最近では中国人自身も少しずつ
気づき始めているようだ。
中国人ブロガー「グードン」さんは、「なぜ中国人はイギリスのレストランで嫌われるのか」
というタイトルでブログを書き、中国人のマナーの悪さについて指摘している。

ブロガーは「ロンドンには世界中の美食が集まっており、近年では中国人の姿も
よく見るようになってきた。
だがイギリスのレストランの多くは、中国人客のことを好ましく思っていないようだ」と紹介。
続いて5つの理由を列挙した。

1.中国人は声が大きい

「中国人は大声でしゃべる習慣がある。
中国国内の繁盛店では大勢の人が一度に集まって、ジャンケンをしながら
負けた方が酒をあおったりしている。宴たけなわともなれば、もはや食卓の
ルールなど存在しなくなる」とブロガーは中国国内のレストランの様子を解説。
隣のテーブルに気を使うこともなく、時には携帯電話でしゃべったりもしながら
自由に楽しむそうだ。
だが、こうした行為をイギリス人が見ると、「中国人は基本的なマナーも分かっていない」
と取られるとブロガーは警告している。

2.中国人はルールを守らない

ブロガーによると、「中国国内では店内に人が多く、案内係もきちんと機能していないため
来客は自分で空いている席を探して勝手に席に着くことが多い」という。
まだ食べ終わっていない人の席のすぐ横に立ち、席が空くのを待つ人もいるそうだ。
だが、イギリスではどんなレストランでも店の人に案内されて席に着くのが普通で、
自分で席を探して座ることなどまずない。
それでも中国人はつい自国と同様に振舞ってしまい、顰蹙を買っているという。

3.中国人は店員の人使いが荒い

中国国内のレストランでは、客は何かと大声で店員を呼び、あれが必要だ
これが必要だと注文を付けるという。
だが、イギリスで店員を呼ぶ場合は、目配せをしたり少し手を上げる程度が普通。
暇な店員さんがテーブル近くまで通り過ぎるのを、辛抱強く待つのが一般的だそうだ。
ブロガーは、「中国人客が腕を振って大声を張り上げ、エクスキューズミーを
連呼していると、周囲の客や店員はネガティブな印象感じている」という。

4.中国人は「ありがとう」を言わない

ブロガーによると、中国人は「こっちは金を払っているんだからサービスを受けるのは
当然だ。
わざわざ店員に感謝する必要などない」というスタンスで食事をしているという。
だが、イギリスでは紙ナプキンをもらったり料理が出された時などに、
頻繁にお礼を言うのが一般的だそう。
「イギリス人が何度も感謝の言葉を口にするのは時には表面的に聞こえるかもしれないが
それでも互いに敬意を表していることが伝わる」と言いブロガーはイギリスの作法を評価。
感謝の言葉を言わないと、店員は「中国人はありがとうも言えないのか。
マナーのない人たちだ」と思ってしまうという。

サーチナ 2011/10/03(月) 17:52
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1003&f=national_1003_179.shtml
http://news.livedoor.com/article/detail/5908605/

※>>2以降へ続きます。


[ 2011/10/04 20:00 ] 中国 | TB(0) | CM(1)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。